私的な資産のまとめ

自分の資産を整理していくメモ書きのつもり。年末に総額で出せると良いなあ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投信王 今週は1,290位

投信王の定期報告です。休日出勤で疲れたので生きてます報告。
投信王_2009_10_30
 特段に語ることも無いのですが、下がってます。9月までは調子よかったですし年末までは利益確定やら損失確定やらでゴタゴタする感じでしょうか。毎年のことですけどね。ワタクシもどこかで損確定のための買い直しをしたいところ。

 色々と不安要素が噴き出すでしょうが慌てずに。資金枠に余裕を持ちつつ余らせすぎず、丁度良く行きたい。
スポンサーサイト

投信王 今週は1,086位

投信王の定期報告です。順位は下がりましたが基準価額は先週より上がりましたので、皆様の調子がよろしいのでございましょう。
投信王_2009_10_23
 相場は多少の上下をこなしつつ微妙な上昇でしょうか。週末に円安が進んでおりますが、東証が閉まってから進んだりされてもなあ。まあいつものことですし、代わりに毎週最初に開く市場でもありますからその特性を利用すれば良いのかもしれません。他所から様子見されるというのは嫌なものですが。

 その日本株はロイター個人投資家調査:参院選まで日本株「上昇傾向」が過半数の記事によれば個人投資家の見通しは以下の様だそうで。

来夏の参院選を展望し、鳩山政権下での日本株動向を聞いたところ「上昇傾向をたどる」が53.4%となり、「下落傾向をたどる」の46.6%を上回った。株価へのプラスの影響が期待できるものとしては「温暖化ガスの25%削減目標」、マイナスの影響としては「亀井金融相の返済猶予(モラトリアム)構想」が注目を集めていることが分かった。

 「過半数」って……6.8%しか差が無いのにですか。ワタクシ的には拮抗しているように見えます。人により受取り方は違うでしょうけど「上回る」程度の表現が適切。その前に「わずかに」をつけても良し。
 予知能力を持たない人々に対し、自信が無いときにアンケートを取ったので半々になりました、というどうでも良い結論に見えなくも無いですが、下がると言い出す人が減ったのだとポジティブに捉えても良いかもです。評価関数の出力が「どっちかわかんない」だと何の役にも立ちませんけどね。

個人的にはボチボチと買いを継続。いつものことです。

投信王 今週は790位

投信王の定期報告です。今のところ単純騰落率はプラス、今週の報告終了。
投信王_2009_10_16
 米国市場は木曜にダウが1万ドルに達した後、金曜に落ちるという状態。値動きだけ見て心理障壁を相手に一人相撲をとった皆様の合計がかような結果をもたらしたといえますでしょう。景気の回復に不信感をもってるだけなんでしょうけど。それならこのまま2~3年はウネウネとBOX相場なのかもしれません。占いは暇つぶし程度に。

 そういえばロイターの09年度の米財政赤字は過去最大の1.4兆ドルの記事内にありましたが
 国内総生産(GDP)比では約11%に相当し、戦後最高水準となった。
 だそうで。HAHAHA、アメリカ人は肉食のわりに存外と肝っ玉が小さいデスネー。我が日本国では純債務残高で見てもGDP比1を超えてますよ。(参考:リアルタイム財政赤字カウンター
 我が国の財政赤字対策としては、相続税免除の無利子国債と政府発行紙幣によるマイルドインフレの組み合わせが適当かな、と個人的には考えております。現状は現金が溢れているはずなのに何故かデフレですからね。

 ま、何言ってようとも買いの継続で変わりは無いんですけど。

フツーの営利企業で毎月決算とか面倒すぎるだろ常識的に考えて……

 上記タイトルは下記の記事に対する結論。

改めて、「毎月分配型投信」の商品性を考える ダイヤモンド・ザイ・オンライン

■「毎月配当株式」はなぜ存在しない?

 では、これを株式に当てはめるとどうであろうか。毎月配当を支払う株式が登場すれば、人気を博するのであろうか?

 配当は、以前は年に2回までしか支払えなかったが、今では年に何度支払ってもよい。毎月分配型の人気を見れば、毎月配当を支払う企業が登場してもおかしくないと思うのだが、今のところそういう企業は存在しない。

 1年に2回以上の配当支払いが解禁になった後は、四半期ごとに配当を支払う企業が少し登場したが、あまり大きな広がりは見せていない。投信でこれほどまでに人気の毎月分配型がどうして株式では登場しないのであろうか。

 それはおそらく、投信と株式のリスク特性の違いが理由であろう。

 リスク特性とか横文字を使わんでも「業務が違う」で終了。

 権利日が事前にスケジュール済みの市場に流通してる証券をかき集めて管理する仕事と、支払ってくれるかどうかその日までわからねえ手形をかき集めて管理する仕事の間には、深い溝がありますがな。投資信託は個別の企業内に存在している売掛金回収のコストを各企業におっかぶせて楽をしているのです。

 まあ単純に事務コストの問題なんで、Excelで日々の仕入れと売り上げの差を記録するだけで良いって言うなら、生鮮食料品だけを売る小売業なんかは毎日決算だって出来るでしょう。八百屋がレジで売り上げ集計するノリで。製造業で仕掛品を抱えるような場合は毎月とかムリダナ。

投信王 今週は950位

投信王の定期報告。単純騰落率0.05%で前日に2,853位が950位に上昇とか、100%現金で放置してる人が多すぎるでしょ……
投信王_2009_10_09
 相場は下がったり上がったり。先月からは下がってるんですけどね。為替相場もいろんな人の発言で左右されております。先の事はわかんないですから右往左往しますよね。

 2016年にブラジルで五輪開催決定で南米に賭ける人もいそうですけど、先が長いですから今の内にと言えるタイミングなのかもしれません。ワタクシ自身はHSBCのブラジルオープンを結構な損を抱えたまま保持しており、年末に売ってVWOに乗り換えようと思ってます。なんで買ったんだと言えば、マネックスで手数料キャッシュバックキャンペーンやってたのに釣られて。キャッシュバックだと雑所得扱いになるので確定申告で面倒だと後で気付いたとか言えない。
 そういえば東京都知事の人は「五輪選考は目に見えない政治的な動きが歴然とある。昔の自民党総裁選挙みたいなものだね」(via.東京新聞)なんて事をいってますけど、政治的にハッキリと目に見える「南米初開催」という御旗に勝てなかっただけです。

 さて、景気はインフレ懸念とデフレ懸念の双方が存在し、出口戦略で実施するであろう金融引き締めによる金利上昇のタイミング次第ではどちらにでも転んでしまいそうです。各国政府は「景気浮揚します」では合意が取れていますが「何時まで」については話題にも挙げません。国によって景気回復の時期がずれるのは当たり前なので合意が取れるわけ無い、というのは話し合う必要も無く理解できますし。

 景気の腰折れも含めた回復の過程で、過去の景気循環でも起こった業種の選別が起きるのかもしれません。グリーンニューディール関連は果たして前評判の通り強いのかどうか。ジム・ロジャースが言うように農産物系が強いのかもしれませんし、それらの根源である水関連が本命なら温暖化の対症療法として利用拡大が見込まれる冷房機等のメーカーが穴になるでしょうか。
 ま、ワタクシの様な弱小な個人は、全滅しないよう広く薄く全業種を拾う程度しかやれることは無いんですけどね。なんだかインデックス投資家みたいな事を言ってますが、ワタクシは基本的にリスク資産を使用して長期賭博をしているだけデス。買い物依存とギャンブル依存の矛先でしかないの巻。

 とりあえず今後も資金枠を使い切ったりしないよう徐々に買い。定期で受取る給与が無くなったら結論を変えます。

運用メモ 9506 東北電力を買い

9506 東北電力を1,940円で100株買い。手数料込みで194,203円になりました。6月のボーナスを受けとった際に分けておいた個別株用資金で購入。動機は電力株と石油株を持ってないのでどちらかを買っておこうかな程度の事です。

 あとは自分が何を考えてたかメモ。 

 電力といえば、地域名電力とJ-POWERの11社ですが以下のような基準で排除する銘柄を選択。
 ・東京電力はワタクシの居住地域の給電会社だから除外。
 ・中部電力はまだ東海地震がきてないから除外。
 ・関西、北陸、中国、九州は保有する原発が北朝鮮から近いから除外。
 ・沖縄電力は売買単位を買おうとすると50万円超えるので買えない。

 残りは北海道電力、東北電力、四国電力とJ-POWER。それでもって配当利回りと配当予定をみて、3%超えてた東北電力を選択しました。
 まあ北朝鮮を恐れるなら東北電力の保有原発もノドンの射程内だったりするのですが、夏季最大の電力需要地である首都圏への売電は今後もカタイ収益源であり続けるんじゃなかろうかと期待。不安要因としては太陽光発電の余剰電力買い取り制度の変更があるでしょうか。

終値は1,925円で早速マイナスだったりしますが、ゆるりと眺めて過ごします。

保有してる私募債がデフォルト

 高校時代から今も付き合いが続いてる友人が立ち上げに参加した会社の私募債を買ったことがあるんですがー、タイトルのとおり滅んだ模様。地裁から破産手続開始通知書なる通知が到着しておりました。以下に内容の一部を抜粋。
1 本破産事件は、現時点(破産手続開始決定時点)で配当の原資となる財産が判明しておらず債権者に対する配当可能性が低いと思われる事件です。(これからも債権者への配当の原資となるような財産が発見される可能性が低い状況です。)
 そのため債権届出期間及び債権調査期日が指定されておりませんので、債権者からの債権届出は必要ありません。
 ただし、事務処理(時効中断等)の都合上、現時点で債権届出をする必要のある肩は、担当事務官までご連絡ください。
 配当の見込みが得られなければ今後も債権届出は必要ありませんが、配当可能となった場合には、担当書記官から改めて債権届出に必要な書類を送付致します。
 簡単にまとめると「金は戻らないので手続きとか不要」という事で。まじでー。

以降は感想。

続きを読む »

投信王 夏の陣の結果は1,508位

投信王の定期報告。夏の陣が終わった。
 開始時の基準価額8,316円を8,251円に減らし単純騰落率-0.78%の1,508位で終了。TOPIXの1,903位には勝ったものの、日興キャピタルオープンには負け。
投信王_2009_09_30
 秋の陣は始まっているはずですが、ランキングは表示されず。どう見ても不具合ですが、どうせ負荷が高くて捌き切れない程度の事でしょうし、リアルマネーで何かやってるわけでも無いので放置。それに2週間は放置してる人達が混ざるのでマトモなランキングにならないでしょう。冬の陣トライアルは表示できて、そちらだと4,063位ですから恐らくその近辺でしょう。

 さて、円高は解消する目処が立たず株は下がっております。この間までの回復振りはアレですかね、皆様が不景気に飽きただけだったのかもしれません。それなりに膨大な個人資産が存在する我が国では景気なんてそういうものなんでしょうか。政府支出も大事ですけどね。

 ワタクシがここ数日の報道を見る限り感じたことですが、鳩山政権は無能極まりないですが、それゆえに官僚支配の打破なんて不可能であり、案外と悪い事は少なくて済むのかも知れません。我が国において官僚は安価なシンクタンクとして機能していると言えますので。もっともアホな政治によって頼りになった官僚は疲弊するし、悪い事はゼロではなく其れなりに発生しますから、後任の政権は建て直しの苦労が大変だろうと思われます。
 それにしても鳩山首相には、国政の失点を海外からの賞賛で帳消しにしようという意図が見えていけない。その手法は、国内政治の不満を外国政府に向けさせてかわそうとする軍事独裁国家の手法と根本が変わらない事を自覚すべき。2020年までにCO2排出量25%削減の実現方法は技術者に丸投げとか、とりあえずお前は息をするなと言いたい。

 まあ、人間はご飯を食べないとお腹がすくし、飲食を5日ぐらいしないと死ぬし、ゾンビ映画で頭をショットガンで撃ち砕かれたゾンビは歩いてはいけない事になっているものです。世界の存続はワタクシを成立させる根本でありますから、成立に必要な物理法則がワタクシを害することになろうともソレが狂う事をワタクシは望みません。あまり未来に希望を持てませんが、いちいち絶望すると立ち直るのも面倒になるので精神的にはフラットに暮らしていこうと考えております。

つまり淡々と買いということなんですけどね。埋め草の文章は書かないで良いだろうかと読み直して思った。

メモ 9月分の積立

 9月分の積立メモ。新規追加した分は18万円。利金、分配金、配当および株主優待の再投入分が22,902円でした。

内訳は以降に記載。

続きを読む »

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

まひわり

Author:まひわり
 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。

twitter account

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

FC2カウンター

シンプルアーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。