FC2ブログ

私的な資産のまとめ

自分の資産を整理していくメモ書きのつもり。年末に総額で出せると良いなあ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用メモ 8月分の積立

 8月分の積立メモ。新規追加した分は16万円。利金と分配金の再投入は15,335円です。

内訳は以降に記載。

続きを読む »

スポンサーサイト

投信王 今週は1,842位

投信王の定期報告です。下落中。
投信王_2010_08_27
 週末以外ではずっと下落しておりました。週末は菅首相が「必要な時には断固たる措置をとる」と発言して下落が止まった様ですが(菅首相が介入示唆:識者こうみるvia.ロイター)、為替に介入とは直接言ってませんし、そもそも必要と判断する確実性がないのが困りものです。判断の基準をあまりに明確に示すとヘッジファンドによる機械的な利用を招くので宜しくは無いですが、財務大臣の時にかましてた円高容認発言が尾を引く状況。まあ介入しないなら、それはそれで個人としては死なない様に対応の必要があるだけですけど。

 来週は日銀が週明けにも臨時会合を検討、追加金融緩和を議論=関係筋という話もあるようですし、多少は反発するかもしれません。それにしても「長期国債買い切りオペの増額も選択肢だが、財政ファイナンスと市場に受けとられる可能性があることなどから日銀内では反対論も根強く、具体策は新型オペ拡充が軸になる見通し。」ですか。ワタクシは財政ファイナンスを行え派なので、財政ファイナンスだと市場に受取られる国債買い切りオペを実行しろという主張になります。
 まあ、国民の大多数は日銀の金融政策と政府の財政政策の判別は付けられないですからね。日銀側としては「誰も国債買い切りオペなんて望んで無いよ」と主張する根拠にできる状態です。それを利用して日銀はできるだけ何もしない事を正当化できているわけです。
 とはいえ、与党が政府を運営してて国会での法改正も可能な立場なんですから、政府が何かしたいなら政府自身でやれ、というのも正論であります。現政府は日銀に責任をかぶせたいけど、面と向かって「こうしろ」と言うと責任を負うことになるので、直接的な命令をしたくないという状況になってますよね。自縛といいますか、弱腰が現在の何もしていない状況を招いているわけです。日銀は野党根性でどうにかなる論理では動いてないですから、どうにもできないかな。

 とりあえずワタクシ個人としては、景気が悪いなら徐々に買いということで。生活費まで使い込んじゃダメと堅く誓うのであります。

投信王 今週は1,428位

投信王の定期報告です。8月は伊達じゃない暑さでございますので簡単に。
投信王_2010_08_20
今週は週半ばまで上昇して、週末に下落。みなさま長期でポジションを保持したく無いわけですねぇ。
 個人の方々はロイター個人投資家調査:年内に円は最高値「突破する」37.4%という感じだそうで。先行きを悲観してるのかもです。まあ景気を悲観してるわけではなく単なる円高期待なのかもですけど。FXが加熱する時はドカンと動くからレバ20倍でも死ぬ時は死んじゃますけどね。通貨ETFをCFDでハイレバにする抜け道ってあるんでしょうか。海外の指数連動レバレッジ2倍のETFを対象に証拠金率10%でOKって程度の代物はあるみたい。まあ、利用しませんけど。

 ワタクシとしてはリアルでは更に下がることも念頭において、レバレッジは掛けず現物を徐々に買い集める方向でいこうと考えております。まあ、何時も通り徐々に買いって事なんですけどね。

投信王 今週は1,207位

投信王の定期報告です。仮想ファンドは開始時を割り込んだので一気に順位低下。
投信王_2010_08_13
 今週はひたすらに下げ。ドル円は一時84円台になりましたが、NY市場が終わって86円台になっております。そのNYは4日連続で下げなんだそうですけど、ダウは1万ドル割ったりはしてないので焦る程でもないなと感じます。不感症か。

 米国のFRBでは緩和策の継続や追加対策をどうするかで意見が割れているようで。反対の人は「(金融)システムに十分な資金がないという問題ではなく、与信や借り入れについて十分な信頼がないことが問題だ」(米FRBの量的緩和に反対=カンザスシティー地区連銀総裁)と主張しているようです。えー、与信が無いのが悪いのは確かなんですけどね。経済が回復すれば与信が回復すると言う事はですよ、与信が回復しないと経済の循環も限定的で、どちらも回復しない事になる様な気がいたします。
 リーマンショックではシステミックリスクについての不安が噴出してしまったのを札を刷って回避しましたね。与信が無いとか信用できないと言うのは根が同じであり、ならば対処も同じなんじゃないでしょうか。金融と財政のどっちの政策でもいいですけど其れなりに緩和っぽい雰囲気は漂わせて置いたほうが宜しいのでは。

ワタクシとしては回復が足踏みをするなら今のうちに買いということで。いつもこの調子。

投信王 今週は495位

投信王の定期報告です。気温が高くてダラリとしています。猫のようにのびる。
投信王_2010_08_06
 日本市場は上がって下がって戻り。結果として先週末より少し上昇。
 その後の米国雇用統計でドル円は85円まで上昇。日本市場が開いてない地球の裏側時間で何かが起こって翌週までどうにも出来ないってのは、開国で市場開放して以来の事ですから仕方の無いことであります。かわりに世界で最初に週の頭が来ますから上手いこと利用したいものですね。

 FRBによる追加金融緩和策が通れば相対的に米ドルは下がるけど、米国債の買入れもあるだろうから金利も下がっていくはず。金利そのものが抑制される以上は高インフレには陥らないし、緩和してるのに何故かデフレの危険もある。生産性向上による潜在成長率の確保と、それを根拠とする経済成長期待を国民に喚起してインフレ期待を維持するって事になるのかなあ。それが成り立つ場合というのは「FRBは太っ腹」という意識が米国民に根付いている場合という事であり、植えつけたグリーンスパン氏は良い仕事したと言えるかもです。
 しかし彼が行った2000年以降の不況対策はサブプライムローン大量破綻の元凶でもあったりするので「コインの表裏」というか「禍福はあなざえる縄の如し」というか「二律背反」というか、良いバランスとは実現困難であることよなあと思わざるを得ない。やりすぎか足らないかのレポートを毎月出してる所の統領が実現できないわけですからね。まあ個人としては相場のオーバーシュートを拾える様な真似が出来るならそれもまたヨシとなるんですけど、なかなかね。

ワタクシとしては円高が進むなら海外資産を徐々に買いで。日本株も下げなら買いですけど。日本円が相対的に強いなら相対的に安いところと交換していく感じでひとつ。とにかく、一度に交換して生活できなくなったりしない様に資金枠を厳守していく所存であります。

運用メモ 7月分の積立

 7月分の積立メモ。新規追加した分は17万1千円。利金や配当金の再投入は46,573円です。

内訳は以降に記載。

続きを読む »

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

まひわり

Author:まひわり
 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。

twitter account

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

シンプルアーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。